Archive for 9月, 2010


ニョォ~!

 ふと思い付いて、我が家の猫ティルクに「ニョォ~!」と声を掛けてみた。「にゃ~」と「よぉ!」の造語のつもり。
 ティルクは人懐こい猫(知合いに限るが)じゃが、そこは猫で、呼んだからちゅうて犬のよぉにほいほい来てはくれん。
 ところがティルク、この「ニョォ~!」には見事に反応。「ニャッ!」と振り向き、とっとっとやって来る。百発百中ではないんじゃが、かなりの確率でやってくる。

 調子に乗って「ニョォ~!ニョォ~!」言うとたら、耕介が「その呼び方、何か面白くない」と言う。「ニョォ~!」が「尿!」に聞こえるんじゃそぉな。
 ティルクは時折、トイレの猫砂の上でころんと転がることがある。そぉゆうときは少々おしっこ臭い猫になる。耕介、そのことを思い出してしまうんじゃと。

 
元野良猫のティルクは、元野良犬のラルゴをしょっちゅう付けまわす。
 この2匹、仲が悪ぅはない。特別仲良しでもないが・・・。

広告

あたふた・・・

 相方の耕介はブログの移転作業であたふたが続いとるよぉじゃが、わし風介の方は大体落ち着いた。わからん点がよぉけあるけどが、おいおい慣れてゆけばええわい。50過ぎのおっさんは、かよぉにアバウト。

 HP『熊洞』の目玉コンテンツじゃったかもしらんCG人熊画は、ファイル倉庫へのリンク形式で観てもらうことになった。その他の『熊洞』コンテンツも主要なものはアーカイブして倉庫へ置いてあるけん、右の熊洞関連リンクを辿ってアクセスしとくれ。
 HP『熊洞』の頃より一手間増えてしもぉて、皆さんにゃぁ、済まんのぉ。

 無料エリアでブログ運用なんぞしとると、結局、サーバーの運営者の都合であたふたさせられることになるのぉ。
 そぉゆうわけで、WindowsLiveの都合によりこちらWordPressに移転じゃ。こちらの使い勝手に慣れるまで、しばらく見辛いとこもあるかも知らんが勘弁じゃ。

Hello world!

Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!

10倍

 ギックリ腰予防に、春先からダンベル体操なんぞやっとる。これがなかなかええ按配で、腰痛も肩凝も、偉い軽ぅになった。

 ダンベルっちゅうても、女子供が使うよぉな、ほんの軽いモン。2キロの、玩具みたいな代物で体操やっとった。5ヶ月過ぎて慣れてくると、これがちと重量不足。
 重さが足りん分は回数を増やすことになる。すると、ストレッチと併せて、体操時間が1時間半を超えるよぉになってしもぉた。毎日これじゃぁ、時間を食い過ぎる。大体、飽きる。
 時間を短縮するにゃぁ、ダンベルの重量を増やすしかない。ダンベルの重量を増やすと体への負担が増すんで、これまでより慎重な体操手順が必要。マジに勉強せんならん。
 それはそれで大儀なことなんじゃが、ギックリ腰が出んよぉになったこの楽チンさは捨て難い。できりゃぁ一生、この楽チンさを維持したい。

 んで、マジなダンベルを買ぉた。金属シャフトに重石のプレートをごついネジで固定する、バーベル状のダンベル。総重量20キロ。これを両手分、2本買ぉた。
 これまでのダンベルの10倍の重量。まさか、これをいきなし持ち上げるわけじゃない。重石のプレートを入換えできるダンベルじゃけん、最初は5キロくらいからはじめる。それでもこれまでの2倍以上の重量じゃ。

 新ダンベルのトレーニング・スケジュールを考えとると、耕介も何やらごそごそトレーニング本を捲っとる。2キロの奴でやってみるつもりになったよぉじゃ。

 田亀源五郎編『日本のゲイ・エロティック・アート 1』『同 2』が届いた。一気に読破。わし好みの漢画っちゅうわけでもないんじゃが(わしゃ、もぉちょっと脂か肉が乗っかった漢がええ)、性的嗜好とは別に、掲載の画はえかった。迫力があった。田亀氏のセレクトと編集がええ。

 一緒に届いた『ザ・サムソン2』『豊MAN3』は2000年刊の古い本。とぉに絶版で手に入れることはできんじゃろぉと思ぉとったが、ネット書店でひょいと見つかった。

 今日届いた4冊は、全部懐かしめの画ばかり。

せっせと・・・2

 カナダ出身の巨漢喜劇俳優、John Candy(ジョン・キャンディ)についての記事と資料のファイルを入れた公開フォルダーを追加した。

 インターネットの黎明期の1996年当時、熊洞のジョン・キャンディのコンテンツは、日本のみならず海外からもアクセスが多かった。英語なんぞからっきし駄目な癖に原書なんぞを輸入して読み漁り、真面目にホームページを作っていた。50歳も過ぎて今となってみれば、たいそぉ懐かしい。

 熊洞の自宅サーバー不調にともなっての移転作業は、白熊風介だけでのぉて、勿論、相方の白熊耕介もせっせと・・・やっとるとこじゃ。

 10月くらいからは、熊洞は、こちらのWindows Liveの熊洞別館をメインにやってゆこぉか、と考える。コンテンツの一部ををこちらに移してみた。

 各コンテンツは、Windows Live内の共有フォルダー、公開フォルダーの中のファイルを見てもらう、あるいはダウンロードしてもらうとゆう形になる。

3DCGフォルダーは、熊洞名物の裸の人熊CG画JPEGファイル。
Diaryフォルダーは、過去の雑記PDFファイル。
DTMフォルダーは、白熊邸での宅録音楽ファイル。
Movieフォルダーは、白熊制作の動画ファイル。

 各フォルダーのアイコンをクリックすると、中のファイルにアクセスできる。

 イカレかけの自宅サーバー用のPCを騙し騙し使ぉて来たが、いよいよ駄目かもしらんのぉ。ブッ潰れそぉ。

 来月くらいには、熊洞のコンテンツは移転じゃなあ。熊洞の入口はこれまで通りのURLじゃけん、ビジターさんがそぉそぉ迷うことはない思う。

 再び自宅サーバーでと考えんでもなかったが、自宅でのメカの運用とお守りは結構手間でのぉ。腰痛持ちで老眼がはじまり、頭だけでのぉてシモ毛にも白いモンが混じり出した熟年入口の白熊風介にゃぁ、メンテナンスの日々はちぃとばかし辛い。ファイルの扱いに不自由さはあるが、ネット上のサーバーを間借りさして貰う方が楽なんじゃ。

 寄る年波ゆえのかよぉな理由で、間もなく熊洞は少々様変わりさして貰うけどが、皆さんにゃぁこれまでとお変わりのぉに宜しゅうに頼んます。