近場の紅葉でも観るか、とドライブへ。目的の近場の野呂山へ登る道が土砂崩れで通行止じゃったんで、さらにローカルで近場の灰ヶ峰へ向かう。

普段通らぬ細い林道をうろうろしとると、雑木林の切れ目に石段が見えた。こんなとこに社(やしろ)があるとは知らなんだ。

大体ここいらの地名がわからん。道端の立看にゃぁ、さっきから「第7地区」としか表示されとらん。地元民のわしがよぉわからん場所とはのぉ~。

20101128_0701

10分ばかし狭い山道を登ってゆくと、社に着いた。ジオラマみたくちっちょぉて可愛い社じゃった。上の画像の入口の鳥居にしても、わしらの背丈よりちぃと高いくらいで、ミニチュアサイズのもの。

20101128_0702

あちこちの石に文字が刻まれとるんじゃけどが、磨り減っとってさっぱり読めん。なんで、この社の名称すらわからん。

20101128_0703

山頂の社からの見晴らしは、至極ええ。社同様小ぢんまりした集落が、麓に望める。

20100717_NDS

わしの住まいから車で20分程度のとこにこんな場所があったとは、ホンマ、わしゃ、知らなんだよ。

広告