Archive for 4月, 2011


コメディ映画『ガリバー旅行記』に続いて今週も他愛のない馬鹿映画をと思い、『エンジェル・ウォーズ』へ。

タイトルからして馬鹿っぽく、予告編でもアニメっぽい美少女戦士たちの戦闘シーンの連続で、さらに馬鹿馬鹿しゅうて良さげ・・・と馬鹿馬鹿気分で出掛けたがこれが何とも侮れん映像で、馬鹿馬鹿言うとった失礼を映画にお詫び・・・じゃ。

暗い色調の映像に、陰惨ですっきりせん物語。日本語タイトル通りに馬鹿っぽいとこも沢山あるが、これが全くギャグ扱いになっとらんところが面白かった。何とも癖の強い美少女アクション映画じゃった。最後の最後まで重苦しい展開なんも、徹底しとってえかったわい。

広告

第二音戸大橋

先日花見で訪れたときにゃぁ、陸上部だけが建っとった音戸第二大橋。今日、橋の部分が架設された。

早朝5時から作業開始。橋をぶら下げた巨大クレーン船が音戸の瀬戸に侵入。呉と倉橋島それぞれの陸上部アーチ構造の上にひょいと(っちゅうほど簡単じゃないが)橋を載せた・・・っちゅうことらしい。

わしらは午前8時半頃に臨時駐車場に到着。二箇所の臨時駐車場は満車、シャトルバスが引っ切り無しに行き来する。大工事ゆえ交通規制が入っとるが、架設工事は見学会とゆうことで公開。

ゆっくり観たかったんで、わしらは徒歩で。橋を吊るしたクレーン船が、既に所定の位置に着いっとった。

20110424_01 20110424_01stereo

第二音戸大橋に通じる高架道とトンネルは未完成なんじゃけど、今日の見学会のために特別に歩行可能になっとった。

20110424_02 20110424_02stereo

トンネルを抜けると現在の音戸大橋よりかなり呉市寄りに、第二音戸大橋の橋部が見えた。旧音戸大橋より遥かにデカい。それをぶら下げとるクレーン船も、当然デカい。橋はまだ固定されておらず、宙ぶらりんの状態。

20110424_03 20110424_03stereo

侵入禁止ラインぎりぎりまで見物客が溢れとった。こぉゆうものを見物に来るお人っちゅううんは、歳と関係なくみんな元気じゃ。

20110424_04 20110424_04stereo

屋台は出とるわ、仮設トイレは並んどるわ、パトカーが走り回っとるわで、ちょとしたお祭り騒ぎじゃったね。

 

Nintendo3DSのすれちがい通信で、3人のMiiが来とった。地方都市の呉じゃが、こんだけ人が集まる場所にゃぁ3DSユーザーも来とるんじゃね。

このブログに掲載した一見ブレ画像は、Nintendo3DSの立体カメラで撮った画像をアナグリフ立体画像に変換したもので、赤青メガネを使ぉてもらえば奥行きのある立体画像として見ることができる。

呪いの神社

白熊風介耕介の住まう場所は少々山奥。呉市といいつつ外れも外れ。呉市の中心部に出るより、筆で日本一の熊野町へ出掛ける方が早い。歩いて15分で熊野じゃ。

ほいでもって同じく歩いて15分で広島市にも着く。寺屋敷という地名の広島市の外れじゃ。わしらの夕方の散歩コースとなる日もある。

寺屋敷の家々の切れ目から山に入る細い道があった。そこへ入ろぉとしたら、近所の子供が話し掛けて来た。
「呪いの神社へ行くん?」

もっと詳しく尋ねよぉとしたが保護者と思しき女が突然現れ、そっちへ行くんじゃないと叱りつけながら、子供を遠ざけてしもぉた。

20110421_1 20110421_1stereo

呪いといい女の剣幕といい、痛ぉそそられる。日没近ぉてちぃと暗いんじゃけどが、進んでみることにした。

もしも山頂まで行ったとしても20分はかからんじゃろぉと思える小山。その登山道のよぉじゃ。あちこちに石垣の残骸が並んどるけん、大昔は大きな建物があったんかもしれんね。寺屋敷っちゅう地名は、そのあたりの事情から来とるんかなぁ?

20110421_2 20110421_2stereo

山頂まで登ることものぉて、3分ほどでくだんの「呪いの神社」に着いてしもぉた。

怪しゅうもなけりゃなぁ、怨念も漂ぉとりゃぁせん。割かし最近建てられたと思しいコンクリート土台のモダンな社(やしろ)じゃった。あまりに健全な社なんで拍子抜けした。

てめぇ、餓鬼ぃ! おっさんを担ぎゃぁがったか・・・って、そんなつもりはなかったじゃろね。「呪いの神社」っちゅう名称は、ここいらの子らの流行り名程度のことじゃろねぇ。

母親が少々血相変えて子供を制止した理由は、社の周りを歩いてみてすぐにわかった。茂る雑木で分かり辛い場所にちょっとした断崖があって、不注意な子ならぽてっと落ちてしまいそぉじゃった。

原作小説は子供の頃大好きじゃって、本がぼろぼろになるまで読み返した。

が、今回の映画『ガリバー旅行記』を観に行ったんはそんな子供時代を懐かしんで・・・ちゅうわけじゃぁない。52歳のええ年こいて、リリパット王国も姫君もないもんじゃ。

わしゃ、ジャック・ブラックのファンなんじゃ。ガリバー役のコメディ男優。ジャック・ブラックを観たいんで映画館へ行ったんじゃ。

そぉ斬新な内容の映画じゃないし、下品じゃし、かっこよぉないし、くだらないし・・・じゃが、これはジャック・ブラック映画なんで、ジャック・ブラックさえ元気で笑えさえすればそれで宜しい。

昔の熊洞にコメディ男優ジョン・キャンディのコーナーなぞ作ってそれなりに評判じゃったんじゃけどが、かよぉな具合に、わしゃベタな人情コメディを連続でこなせる俳優さんが好きでのぉ。ジャック・ブラックもそんな感じで、たいそぉ善い。

ジョン・キャンディは大デブじゃし、ジャック・ブラックもころころしとるよのぉ・・・と、まあ、そぉゆうとこもそんな感じで、たいそぉ善い。

下界の桜は葉っぱばっかしになり、白熊邸のある山奥も3分の1ほど散った。呉近辺でいっちゃん高い野呂山(のろさん)ならば、まだ咲いとるかのぉ?

20110406_1 20110406_1stereo

咲いとった。爛漫に。中腹まではのぉ。普段はそぉ人気のない山なんじゃが、今日ばかしはスカイラインのあちこちに熟年さんらの車が停車しとって、飲み食いしとったね。

20110406_2 20110406_2.stereoJPG

山頂は未だ咲いとらんかった。桜どころか、寒ぅて寒ぅて。

そいでも山頂の氷池付近は人でにぎやか。明日から徒歩登山道の山開きで、その準備で業者や世話人らが右往左往、準備作業にいそしんどった。

 

帰り道、ふいと思いついて二級峡へ寄った。

わしが子供の頃はちょいとした遠足場じゃったんじゃけどが、直通の道が廃道となり、周囲は墓地だらけになり、いつしか忘れ去られたよぉな峡谷になっとる。

20110406_3 20110406_3.stereoJPG

ハイキングコースもあちこちで廃道寸前になっとるが、「通行止」の標識が立っとる直前までは、各コースそこそこに手入れされとる。茂みの奥の崩れかけたよぉな汲み取り式トイレも、中は綺麗に掃除してあった。誰が手入れしとるんかなぁ?

20110406_4 20110406_4stereo

また来て探検してみよぉ。

一週間

黒犬ラルゴがおっ死んで1週間、人間で言やぁ初七日。

20110411 20110411stereo

犬に宗教も糞もないんで、墓を建てたり儀式を執り行ったりはしとらん。立会いでペット葬儀専門業者に焼いて貰ぉて、ほんの少量の骨を引き取って来ただけじゃ。こいつは時期を見て庭に埋めてやろぉと思ぉとる。

花見連チャン

広島県にゃぁ『竜王山』っちゅう名称の山があちこちにあって、白熊邸の近場にもあるそのひとつに花見に出掛けた。

黒瀬の竜王山は10分ほどで山頂に着いてしまう。山ちゅうより丘かもしらんけどが、偉い手入れが行き届いとって、山頂には豪華な展望台があつらえてある。

20110410_1_Ryuu1 20110410_1_Ryuu1stereo

周囲に山がここしかないっちゅう立地のお陰で、見晴らしがとてもええ。麓からは想像できんくらいに、山頂から望むパノラマ風景が立派。ホンマの高さよりずっと高い山に登ったよぉな気分になれるんじゃ。

20110410_2_Ryuu2 20110410_2_Ryuu2stereo

桜はあんましなかったが、黒瀬に来たついでに黒瀬ダムに寄った。ここはラルゴが元気じゃった頃、よぉ来とったとこじゃ。

ほんの疎らにしか人の来んとこなんで、ラルゴは放し飼い、耕介は周辺をうろうろ、わしは展望台のベンチでごろごろして過ごすことが多かった。

今日は、ラルゴそっくりな風体の黒犬が放し飼いで、ダム湖傍のの空地を徘徊しとった。柄にもなく、ちぃとばかし胸がズキッ。

この黒犬は野良ではのぉて、首輪もついとったし飼主も近くにおった。ラルゴタイプの和犬雑種の黒犬は、結構あちこちにおるんで、よぉ見かけるんじゃ。

 

 

近場も近場、白熊邸近くの桜の名所、本庄水源地へ。

ここいらは夕方の散歩時にしょっちゅう歩いとる場所なんで珍しゅうもない・・・わけでもない。何せ飲み水を扱う場所じゃけん、普段は水源地内には入れんのじゃ。花見シーズンの今だけ、期間限定で中に入れる。

20110410_3_hon 20110410_3_honstereo

20110410_4_hon 20110410_4_honstereo

黒犬ラルゴがおっ死んでから、ちぃとばかしフヌケとる。わしも耕介もええ大人じゃけん、日常にガタが来るほどじゃぁないけどのぉ。

咲いたら花見に行こぉと思ぉとった音戸の瀬戸公園へ。爛漫の桜の下をうろうろして来た。

20110409_1 20110409_1stereo

『つばき園』なるエリアへ初めて入った。わしゃぁ呉生まれの呉育ちじゃけどが、ここは知らんかった。
椿と桜と椰子と蘇鉄が混在して茂る向こうに船が行き交う音戸の瀬戸・・・。何ともシュールな風景の公園じゃった。

20110409_2 20110409_2stereo

冒頭の画像は、わしが子供の頃から馴染みの音戸大橋じゃが、この側に第二音戸大橋ゆうんを造っとった。

20110409_3 20110409_3stereo

呉市警固屋(けごや)側と倉橋島側にそれぞれ橋脚が突っ立っとった。橋が掛かるんはまだまだ先じゃなぁと思ぉとったら、今月の24日に掛け終わるとなぁ?

巨大クレーン船でほぼ完成済の橋を持って来て、橋脚の上へ「ほいっ!」と載せるんじゃそぉな。ええっ??

早朝6時、ラルゴは入院先の動物病院で逝った。年齢は16歳。動物愛護センターで野良の赤ちゃんを貰ぉて来たんで、何日生まれなんかはよぉわからん。わしが勝手に1月15日誕生日と決めとった。

20110328 20110328stereo

2007年くらいから長距離ドライブや山歩きが無理になり、昨年秋からは近所の散歩もしんどそぉで(それでも行きたがる)、2月半ばからは病院へ行けば注射注射で保たせとったんじゃ。んで今月の3日から入院。

たいそぉ長生きして来たがとぉとぉ来たか・・・という思いと、んでも今日とは思ぉとらんかったぞ・・・とゆう思いが交錯する。1度は帰宅するじゃろぉと思ぉて、昨日、おやつを買ぉて来とったんでのぉ。

20110405 20110405stereo

この駄文を読んでくれとるお人の中にゃぁ、ナマのラルゴに逢うたことのあるお人もおると思う。あの黒い犬(晩年は体の3分の1が真白になっとったけどが)を、ちぃとばかし思い出してやってくれなぁ。

見頃にゃあ程遠い桜じゃけどが、ふらりと二河(にこう)峡の散歩じゃ。

右側の赤青だぶったよぉな画像は、アナグリフ方式の立体画像じゃ。赤青メガネをかけて見とくれ。

20110402_N01 20110402_N01stereo

20110402_N02 20110402_N02stereo

熊洞をはじめた頃(1996年にHPオープン)に画像を載せた木彫りの仏像は、ひび割れたりしとるんじゃけど未だ健在。

20110402_N03 20110402_N03stereo

二河川の河原の石はかなり大きい。耕介が汗だくで渡っとる。もぉ50歳なんじゃけん危なっかしい。見とるわしはハラハラする。

20110402_N04 20110402_N04stereo

あまり知られとらんのじゃけどが、公園のほんのちょっと上流に吊橋が架かっとって、その先には・・・、

20110402_N05 20110402_N05stereo

打ち捨てられたよぉな祠と、可愛い石仏の群れがおるんよ。ほったらかしなわけじゃぁのぉて、時折手入れが入っとるよぉじゃ。

20110402_N06 20110402_N06stereo

白熊邸の二人(風介、耕介)と二匹(黒犬ラルゴ、トラ猫ティルク)の息災を願って手を合わせて来た。

20110402_N07 20110402_N07.stereo

 

少し歩き足らんのぉ・・・。

高齢ゆえ長ぉは歩けん黒犬ラルゴの短い散歩を済ませて、飼主の風介耕介の散歩。近場にある水源地に付随した公園じゃ。

20110402_H01 20110402_H01stereo

ここは閉門時間が早いんで、普段のわしらの夕方散歩の頃は入れんことが多い。今日は時間が早いけんダイジョブじゃ。

20110402_H02 20110402_H02stereo

わしらの住まうここいらは山奥。下界の二河公園と違ぉて、まだまだ冬景色じみとるのぉ。枯れ木ばっかしじゃね。

20110402_H03 20110402_H03stereo

梅の木にゃぁ花が咲いとる。

よぉけ黒犬ラルゴと歩いた公園じゃけどが、ラルゴと来ることはもぉないじゃろぉなぁ。ちぃと淋しい。

20110402_H04 20110402_H04stereo

ラルゴが画像観てわかるとは思わんが、3DSの立体カメラで撮っといちゃろぉ。

20110402_H05 20110402_H05stereo