Archive for 9月, 2012


黒瀬ダム、龍王山

天気もええし、スケッチ練習に出掛けた。当てがあるわけでなし、さりとて、遠方は疲れる。近場で済ませる。

黒瀬ダム。行ってはみたものの、余りに考えなしに出掛けんは失敗。ぼへっと過ごすにゃぁええとこなんじゃけどが、それは、つまるとこ、何もないとゆうこと。スケッチブック片手に、いまひとつ気が乗らんまんまで、ぼへっとしとった。

20120923_kurose

小デブな男の子のふたり連れが、あんまし気乗りせん顔して、ぽそぽそ釣りしとった。帰り掛け、駐車場でこのふたりと出会ぉたが、ぽそぽそやっとっただけあって、何も釣れとらんよぉじゃった。

Sketch16019452Ps1

スケッチ的にゃぁ成果ナシの黒瀬ダム。こぉゆうこともあろぉかと、プランBも考えてあった。同じく黒瀬の龍王山へ行く。

標高240メートル。山とゆうより、ちぃと高めの丘くらいの小ぢんまりした山。10分もかからず山頂に着く。

春じゃないんで花は見られず、秋になり切っとらんので紅葉もなく、夏が終わったばかりで手入れ前の荒れた山頂じゃった。

20120923_ryuuou

狭い山頂にぐるりと木製歩道、東西南北に二階建ての展望台を取り付けてある。盛り土の上に、無愛想な石を乗っけて、木が一本残してある。変に人工的な臭いのする山頂で、出来損ないのバッタもんの古墳みたいじゃ。それが面白ぉ見えるんで、ぱらぱらと数枚、スケッチ。

黒瀬ダムでは、ノーマルに、鉛筆とスケッチブックじゃったが、龍王山では、ThinkPad Tabletを使ぉてスケッチ。最近、耕介もこいつを購入。耕介は、今日が初の屋外使用じゃが、上手く描けたんかなぁ。

プランCもあったんじゃけどが、腹が減ったんで、今日はこれまで。

派手なアクションと派手な映像で、面白ぉないわけじゃぁなかったんじゃけどがね。『バイオハザードⅤ リトリビューション 3D

前々作『バイオハザードⅢ』前作『バイオハザードⅣ アフターライフ』と、ゲームっぽい雰囲気から離れて来て、わしゃ、ええ感じになって来たのぉ、と思ぉとった。

Sketch1712248ps1

『Ⅳ』は激しいアクションと意味深で静かな場面との切替が気持ちのええ間を創っとったんじゃけどが、今度の『Ⅴ』は、『Ⅰ』『Ⅱ』のよぉな忙しいゲームっぽい映像に戻ってしもぉたね。それが、少々残念。

原題の “Safe House” のまんまで公開すりゃぁえかったよぉな気がする。デンゼル・ワシントン主演の映画『デンジャラス・ラン』を観た。

デンゼル・ワシントン映画にハズレなし。これもたいそぉ面白い映画じゃった。

手に汗握りっ放しアクションは、人物描写とのリズムとバランスがたいそぉえかった。

はやりのハンドカメラ撮影シーンは、ガチャガチャでわけがわからん映像になっとる映画が多いが、この映画では要所要所に事柄の流れや人物の位置関係を把握できる映像が挟んであって、観客が物語に没頭しやすい演出になっとった。

Sketch5318342Ps1

んじゃが、毎度毎度、スクリーンの中のデンゼル・ワシントンはええね。表情で引っ張るね。次回作の『フライト』とやらも、勿論、観に行くつもりじゃ。