Archive for 10月, 2012


大空山公園

急性虫垂炎緊急手術後リハビリ写生大会は好調に遂行中じゃ。もぉ手術の痛みなんぞ全くないんで、リハビリも糞もないんじゃがね。

本日のリハビリは大空山公園へ。ありがちな名称の公園じゃが、呉市の桜の名所のひとつ・・・とゆう他に、実の所、ここは広湾防衛用の砲台跡。その気で眺めてみると、明治時代以降の勇壮な日本の遺物の様々が転がっとる場所なんよ。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

健康登山やっとる爺様婆様方と擦れ違い、山頂では『タイタニック』のテーマソングを練習しとるサックス奏者さんがおったり・・・で、長閑な日曜日。わしらも、適当に鉛筆を動かす。

20121029HNI_0048 20121018HNI_0073

この頃は、スケッチブックに鉛筆で下描きして来る癖に、続きはNintendo 3DS LLのお絵描きソフト『新 絵心教室』でやっとることが多い。

3DSじゃと、PC立ち上げてタブレット用意して下書きを配置して・・・っちゅう大袈裟な準備なしに始められる。3DSの立体カメラで撮った3D画像を見ながら描ける。蓋を閉じたり開いたりするだけで、中断も再開もお気楽お手軽。

広告

二級峡

もぉ手術の痛みなんぞ、ほとんどないんで、山道をうろうろすべく、二級峡へ。紅葉はまだじゃが、山が紅ぉなった時のスケッチ場所を探しとこぉか。

20121014_nikyuu1 20121014_nikyuu1stereo

白熊風介が餓鬼の時分は、かなり賑わっとった場所なんじゃけどが、今は、ほぼ廃道状態で、ほとんど人気がない。旧道のトンネルはコンクリートブロックで完全に封鎖され、車はおろか、人も入れんよぉになっとった。

が、工業用水確保のためのダムがあるんで、遊歩道の手入れはされとる。歩く分には危険はない。

甌穴橋でもスケッチしとくか・・・。下手糞なわしでも、何とか形を描けそぉじゃけん。

20121014_nikyuu2 20121014_nikyuu2stereo

で、谷に降り、座り心地のええ大岩に陣取って、スケッチブックを広げた。耕介も近場に陣取って、カメラで周囲を写しとる。

「ウ~~。ウ~~。ウ~~」とサイレンが鳴り響く。緊急放水でもあるんかぁ??? 大雨でもないし、まさかのぉ・・・と思いつつも、急いで谷底から這い出た。

何も描けんかった。

20121014_nikyuu3 20121014_nikyuu3stereo

帰路の途中に、サイレンの詳しい解説を記した看板があった。緊急時のサイレンは「ウ~~~~~(1分)。沈黙(数秒)」の繰り返しとある。

さっきのサイレンは、どぉやらお昼の時報代わりだったよぉじゃ。慌てて脱出することなかったのぉ。

Nintendo3DS LL

春先からこっち、手持ちの3DSは、しばらく埃を被っとった。コンパクトなんはええが、老眼の白熊風介にゃぁ、少々画面が小さ過ぎる。文字が読み取りにくいんで目が疲れる。

久方ぶりに手にしたんは、先日の虫垂炎入院の時。こん時も、目がヘバるんでゲームをする気はなかった。『絵心教室』で暇潰ししとった。

退院後、『新・絵心教室』を買ぉた。画面が大きゅうて、目の疲れん3DS LLも買うことにした。

20121013_3DSLL 20121013_3DSLLstereo

ソフトやらデータを、3DSから3DS LLに移す。転送元の3DSがまっさらに初期化されてしまうんが、少々不満。

が、大方満足。大きい画面、大きい文字は、わしの目には調子ええ。

二河峡

昨日の小倉神社歩きで、手術後の回復に自信。もぉちょっときつい歩きの二河峡へ。

HNI_0034b

んじゃが、遠出も回復も何も・・・白熊風介、既に先週からまぐわい復帰。元気にやらかしとんじゃけん、手術跡がそぉ深手なはずはないわい。

HNI_0038c

腹の皮に少しばかしの引き攣りはあるが、岩穴を潜り、吊橋を渡り、河原を巡る。体に支障なし。

ole01arPs1

小倉神社

手術後の体調確認もあって、少し遠出。スケッチブック持って小倉神社へ。

手術の翌日から病院内を歩き回り、屋上でストレッチなんぞして、帰宅後はいつもの散歩しとった。が、さすがに筋トレはお休み。腹に穴を開けて、カメラやら手術チューブやらを入れとったんじゃ。腹筋を使うと痛む。

HNI_0016

人気のない静かな神社なんで、急に傷が痛んだりしても不様晒すことはない。そぉ思ぉたんじゃが、雑誌の取材が入っとって、何やら賑やか。記者に取材されたりした。が、平清盛との関係があるんですか?なぞと質問されても答えようがないわい。わしら、この神社の由緒なんぞまるで興味なく、雰囲気がええけん来とるだけじゃけん。

さらりさらりとええ加減なスケッチして、帰路に着く。

家では、帰る途中で汲んだ小倉名水で、コーヒーを淹れてみた。いつもよりええ味なんかどぉか、さっぱりわからんかった。

虫垂炎

9月29日の明け方、激しい腹痛と嘔吐。どんどん酷ぉなる。こりゃぁアカン。耕介に救急車を呼んで貰ぉた。

急性虫垂炎。慌しい検査の後、掻い摘んだ説明を受け、承諾やら手続は耕介に任せ、わしゃ、全身麻酔で半分あの世の人となった。緊急手術じゃ。

腕に点滴の管、ちんこにも管つけられ、その日の午後に目覚めた。夕方には不自由なちんこ管を抜いてもらい、おっちらおっちら歩いて便所へ。ほいで今日は、もぉ家で、ストレッチなんぞやっとるよ。

20121002_hai

最近の虫垂炎手術は腹を切り裂くんじゃのぉて、腹に数箇所小さな穴を開けるだけの腹腔鏡手術。かよぉな風で、体へのダメージは少ないよぉじゃ。