昨日は雨催い。滝の水量が増える。今日はきっとええ景色になる。早朝に山奥の白熊邸を出て、さらにさらに山奥の広島空港方面へ出掛けた。

20121118HNI_0007 20121118HNI_0007stereo

予想通りに、女王滝は満々の水。この滝は、侵入路が滝の上方から。滝に落ちる前の流れを横目に下る道。やや興醒めなことに、滝の全貌がネタバレ状態で滝壺に辿り着く。が、見上げれば、三段に分かれて流れ落ちる見事な景観。ネタバレ侵入路は許す気になる。

この滝は、広島空港に隣接する中央森林公園内にあり、駐車料金を取られるんで、注意。

20121118HNI_0023 20121118HNI_0023stereo

5、6年前、耕介が「行ってみよぉ」言うんで行ってみたら、渇水でチョロっとしか水が流れとらんかって、岩肌剥き出しで崖にしか見えんかった昇雲の滝。あん時は、滝壺の水も淀んで、腐ったよぉな異臭を放っとって、耕介、かなりがっかりしとった。

今日は、どぉどぉ音を立てて、伸びやかに流れとった。森の植物と滝の飛沫が入り混じった匂いは、たいそぉ爽やかじゃったよ。水さえありゃぁ、立派な立派な滝。耕介も満足したじゃろぉ。

荒れて急な山道なんで、何人ものお人らが、ぜぇぜぇ言いながら途中休憩しとった。

20121118HNI_0027 20121118HNI_0027Stereo

県道に「瀑雪の滝」と標識がある。矢印通りに曲がると「進入禁止」の標識。どぉなっとんのじゃ???

車道ではあるが私道なんで、私に用無き者・・・滝の見物人は歩くべし!! と、そぉゆうことじゃった。観光看板みたいな物も乱立しとる癖に、何ちゅう無愛想な・・・と、少々不満な気分で山道を歩く。

5分もせんうちに滝に着いた。徒歩道は200メートルとのこと。これくらいの距離なら、そぉ不満じゃぁない。濛々と飛沫の上がる滝で、これは夏に来るとええなぁ。冬前の今は、この飛沫が寒い。

山道を歩き回って一日で三つも滝を回った割に、わしも耕介もほとんど疲れナシでね。日頃の筋トレの成果か、滝の精気をしこたま吸い込んだためか、ちぃと元気が余り気味。先日、ぺぺをしこたま仕込んだことじゃし、余った元気はナニに回そぉかのぉ・・・。

広告