Archive for 4月, 2013


クールベ展

』の画家クールベの絵画を観に行った。いつ建ったか知らん呉市立美術館は、わしゃ初めて。お隣に建っとる入船山記念館は、子供の頃から、ほいで今も、時折出掛けるんじゃがね。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

餓鬼の自分の朧な記憶。自宅の壁に薄暗い森の絵の写真が飾ってあった。多分母親が飾ったんじゃろね。ほいで、これはクールベの絵、っちゅう記憶がある。

中学生頃の記憶。クールベっちゅうたら海の絵との認識で、あの森の絵がクールベっちゅうんは、餓鬼の自分の記憶違いじゃろな、と決めつけとった。

今回のクールベ展じゃぁ、海の絵とおんなしくらいの枚数、森や川の絵が展示してあった。クールベは山や川を好んで描いた。おんなじ場所を何べんも何べんも描いた、と解説があった。

んなら、あの餓鬼の頃の森の絵の写真、やっぱしクールベじゃったんかもしらんね。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

美術館の前の歩道にゃぁ、何体もの彫刻が並んどる。

そのうちの一体に裸の肥えた男がサックスを吹いとる像があった。日本中のあちこちにこの手合いの像があるらしいことはなんとのぉに知っとったが、地元にもあったとは知らなんだ。

耕介は像の股座の前にしゃがみこんで、なにやら確認しとった。

広告

野呂山へ遊びに行くと、大概は閉まっとる建物がある。これが野呂山芸術村とゆうらしい。今日は開いとった。異国の画家マシュー・フィンの展示をやっとった。

フィン氏はこの地で市民講座の絵の講師をしながら、何年か絵の修行をしとったお人らしい。現在は母国イギリスで画家さんをやっとるとのこと。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

展示作品はほとんど水彩画じゃった。野呂山へはよぉ出掛けるわしらにゃぁ見慣れた風景が、全然別物みたいに美しゅうに描かれとったよ。

水彩じゃけどがあんまし省略がのぉて、背丈よりでかい紙に細密に描かれとってね。写実のよぉな心象風景のよぉな、多分、そのへんの境界は曖昧で構わん絵なんじゃろなぁ。

st07ps1

あんなでかい水彩画は初めて見たわい。

花見連荘

他県から広島に赴任して来たばかりのNHKのアナウンサーが、「広島県の方は、何度も何度も花見をされるんで驚いた」と言うとった。ずっと広島県内におるわしにゃあそれが当たり前じゃけどが、他の土地のお人らの花見は1回こっきりで御仕舞いなんかねぇ?

土日は雨との予報なんで、のんびりしとると散ってしまうけんね。平日じゃが花見しとこぉか。

4月3日は大空山公園へ。

白熊風介・耕介の住まう山奥の桜は今が盛り。下界の大空山の花見には遅いかのぉと思ぉとったが、やっぱし半分以上散っとったね。

20130403_oo

せっかく出掛けてハズレの桜だけなんは淋しい。確実に咲き誇っとる白熊邸の近場、山奥の本庄水源地へ。うんざりするほどの満開の桜花。花見客もうんざりするほどよぉけ来とった。

20130403_hon

明けて4日は少々足を延ばし、板鍋山へ。山の麓の桜は満開じゃった。山の上もさぞかしええ花見頃じゃろなぁと思ぉたら、あれれ、全然咲いとらん。麓とは品種が違う桜なんかなぁ?

山頂の手作り公園『なごみ園』には、前回行った時にはなかった新作の石碑やら小仏像が、何体か増えとった。新作の像をスケッチしたりでのんびり過ごした。

20130404_ita

5日の今日は竜王山公園へ。前日の板鍋山からの帰り、竜王山の桜が咲いとるんが見えたんでのぉ。

本庄水源地に負けんくらいの満開ぶりじゃったが、花見客はあんましおらんかった。低いけどが車じゃ登れん山なんで、歩くんが大儀ぃんかもしれんね。

20130405_ryu

3日に渡る、広島県民らしい、今年の花見の連荘は御仕舞い。たっぷり桜を堪能したわい。

sidare04ps1

中京方面出身の耕介に訊ねたら、あちらでは花見は1回こっきりで御仕舞い、とのこと。やっぱ連荘花見は広島だけなんかのぉ?