Archive for 12月, 2013


しばらく映画館へ行っとらんねぇ。年末になると混むけん、今のうちに何か観とこぉか。ちょうど、面白げなんをやっとるのぉ。

わしも耕介も3D映画が好きなんで、ためらわずに『ゼロ・グラビティ』へ出掛けた。

物語はスペースシャトルや国際宇宙ステーションが巻き込まれての宇宙の大事故、脱出劇。たいそぉ深刻で大マジで重い展開のはずなんじゃけどが、なぜかとても楽しかった。手に汗しながら、どきどきわくわくしとった。

無重力の宇宙の感触を、3D映像で徹底してリアルに描いとってね。あまりに徹底しとるんで、ときおり挟まれる「いくらなんでもそりゃないじゃろぉ!」の無謀な展開も、疑いを挟む暇も与えず楽しませてくれる。

手間暇かけた徹底した3D映像の、んでも、これは徹底した娯楽作。潔い映画じゃった。

その作風から、わしら風介耕介が勝手にヘヴィメタ画家と呼んどる向川貴晃の作品展を、野呂山芸術村でやっとる。

これまでは他の画家さんと一緒の展示じゃったせいか、向川貴晃の持ち味らしいヘヴィメタの風合いが控えめな絵しか観れんかった。

が、今回は単独での作品展。ネットでしか観たことなかった血みどろの絵柄や、文庫本サイズの立体髑髏絵やら、期待通りの不気味でパワフルな絵を堪能した。

20131201_NoroGankai

山腹には岩海、崖の上には弘法寺、玉すだれの滝、山頂には氷池・・・っちゅう山々した風景の中、ごく普通に佇む小さなレストハウス。その屋内の壁が濃厚なヘヴィメタ絵で埋め尽くされとる。たいそぉ面白い。楽しい。

向川貴晃には、もぉ一個の名前がある。黒鬼劉刺覇(クロキリシヴァ)っちゅうらしい。